筋トレ

筋トレを継続できない理由【3選】

2020年5月4日

筋トレを継続できない理由【3選】

ぎもんくん
筋トレをやってても、中々筋肉付かないし、そもそも何のためにやっているのか分からなくなってきた。最初は新鮮で楽しさがあったけど、最近はマンネリしてるし、筋トレやらない日も増えてきた、、とは言っても筋トレは継続した方がいいって聞くし、もし継続するコツみたいなものがあれば教えてほしい。



こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 筋トレが継続できない本当の理由
  • 筋トレの継続を阻む”悪習慣”【3選】
  • 筋トレを継続した先には素晴らしい世界が広がっている

こんにちは。yukiblogを運営しているゆうきです。
あなたは、筋トレをしていて以下のように感じたことはないでしょうか?

 

「筋トレ続けてるけど、筋肉が中々つかない、面白くない。」
「仕事終わりや休日にジム行くのが面倒くさくなってきた‥」
「最近何のために筋トレしてるのか分からなくなってきた‥」

 

どれも、筋トレを今にも断念しそうな人の言い訳に聞こえますよね?

実は上の3つとも、僕が筋トレをやっている中で感じていたことでもあります。
それでも、この記事を書いている現在、僕は筋トレを丸3年、週3日以上継続することが出来ています。

なぜか?

 

筋トレを継続することで得られる価値を深く認識しているから。

 

一言で言うとこうなります。

ただ、ジムに通い始めたばかりの筋トレ初心者であれば、そこまで知識もなく、ちょっと試しにやってみよう…
と始めたばかりの人がほとんどだと思います。

 

そんな人が筋トレを最初から日常生活に取り入れ継続していくことは難しいと感じるのは仕方がないことです。

 

ですが、筋トレを始める前に1度、筋トレで得られる効果や、継続するための方法を知ることが出来れば、筋トレ初心者でも長い期間、筋トレを継続することができます。

 

なお、筋トレで得られる効果については別記事にまとめたので参考までに。
➤参考記事:筋トレの効果をまとめてみた【10選】

 

というわけで今回は、「筋トレを3日坊主にせず、継続し、結果を出していくためのマインド、方法」について、深堀しつつ、解説していきます。
ゆうき

 

筋トレが継続できない本当の理由

筋トレが継続できない本当の理由

結論から言います。
筋トレが継続できない本当の理由、それは‥

「筋トレの目標が明確でなく、義務だと感じている。」

これです。

僕の経験を織り交ぜながら、深堀していきます。

目標が明確でない【解決方法付き】

突然ですが、あなたはなぜ筋トレを始めましたか?

「健康でいたい」、「バキバキのマッチョボディになりたい」、「代謝を上げてスリムになりたい」‥

どれも、筋トレを始めるきっかけとしては素晴らしいと思います。
ですが、筋トレを継続するための目標としては弱いです、、

なぜか?

それは、目標が定量的で具体的なものになっていないからです。

あなたが筋トレを1か月継続できたとしましょう。
その時、上記のような目標を設定していたとすると‥

「健康でいたい」➡今のところ健康だ‥でも元々健康でもあるな‥。
「バキバキのマッチョボディになりたい」➡全然程遠いな‥。
「代謝を上げてスリムになりたい」➡体型変わらないし、どうなんだろう‥。

筋トレ初心者が1か月継続しても結果が出ないのは当たり前です。
つまり、上記のような目標を設定しても定量的でないため、筋トレを継続しても目標に対して自分がどの位置にいるのか測ることができません。

なので筋トレ初心者の人は最初のステップとして定量的な目標を設定しましょう。

下記は僕が初心者だった頃に立てていた目標です。

「○月末までにベンチプレス60kg1回を上げる」
「週3日以上、ジムへ行く」

筋トレを継続するために、結果だけでなく、行動自体に目標設定するのもおすすめです。

筋トレは継続したもの勝ちです。

あなたも筋トレを継続できるように上手く目標設定していきましょう。

筋トレを義務だと感じてしまっている【解決方法付き】

目標設定が不明確である以外に、継続できない理由としては
筋トレを義務感でやってしまっていることが上げられます。

「最近筋トレ行くのがめんどくさくなってきた‥」
「筋トレが楽しくなくなってきた‥」

これらは、筋トレを「やらされている人」によくみられる言葉です。

もちろん、仕事が忙しい、学業が忙しいなど、どうしてもやらなければいけないことがあって、ジムへ行けないというのもあると思います。

それは、自分ではコントロールできない部分なので受け入れるしかないところがあります。

しかし、どうしてもやらなければいけない用事がなくても、「やらされている」と感じている人も結局筋トレが継続できなくなります。

何事もやらされていると感じたらやりたくなくなりますよね。

それではどうしたらいいか?

僕は、筋トレを始めた時から「筋トレ日誌」を書いています。
書くことは特に決めていなくて、その日やったメニューや、トレーニング中に考えたこと、新しくチャレンジしたこと、失敗したこと、今後やっていきたいことなど‥
内容は自分が感じたことならなんでもいいと思います。

筋トレ日誌をつけることで自分の成長を実感できるようになる。

これが、筋トレ日誌をつける理由です。

「1か月前、半年前の自分と比べたら今の自分は思っているより成長してるな」

こう思えたら筋トレが楽しくなると思いませんか?

筋トレが楽しくなったら、嫌でもジムに行くようになりますし、自分から主体的に筋トレに取り組むようになって、筋トレを継続することが当たり前の生活を作ることが出来るようになります。

そうすれば、あとは筋トレから得られる価値を得続けるだけです。
筋トレで得られる価値はこの記事の最後の方に書きます。

あなたが、筋トレを始めたばかりなら、ぜひ筋トレ日誌を書いてみてください。

筋トレを「やらされている」ではなく「やっている」に変えることが出来ます。

筋トレの継続を阻む”悪習慣”【3選】

ここからは、筋トレの継続を阻む悪習慣を取り上げます。
僕も過去にこれらに邪魔されることがありましたので気を付けましょう。

筋トレの継続を阻む”悪習慣”【3選】

その1:テレビやスマホ

筋トレの継続を阻む悪習慣その1は、テレビやスマホです。
あなたが、ジムへ行かない日、家へ帰ったら何をしていますか?
たいていの人はテレビやスマホを見ますよね?

僕もジムへ行かない日は、家へ帰ったら身の回りのことをして、テレビやスマホを見ることがあります。

ここであなた自身に問いかけてほしいことがあります。

あなたは、毎日何時間テレビやスマホを見ていますか?
その時間のうち本当にじぶんのためになっていると感じるのは何時間ですか?

その時間が自分の目的に沿っていて、自分の身になっているのなら素晴らしいことです。今は良質な情報をテレビやスマホから簡単に得られる時代です。
でもそうでない場合はきっぱりその時間を他のことに使っていきましょう。

僕が言いたいのは、「目的のないテレビ、スマホ視聴は価値がない」ということです。この行為は別に、ジムの継続を阻むだけでなく、生活習慣として不要なことだと思います。

目的のないテレビ、スマホ視聴をしている人はいますぐ止めましょう。
放っておくとその時間は、ジムへ行かない最大の理由になってしまうかもしれません。

その2:毎日長時間の筋トレ

筋トレの継続を阻む悪習慣その2は、毎日長時間の筋トレです。

「筋トレを継続できてる上に、追い込めてるから素晴らしいのでは?」

あなたもこう考えたのではないでしょうか?

しかし、実は毎日長時間筋トレすることで、いわゆる「燃え尽き症候群」になってしまうことがあります。

燃え尽き症候群とは、一定の生き方や関心に対して献身的に努力した人が期待した結果が得られなかった結果感じる徒労感または欲求不満

Wikipedia

僕も過去に、ベンチプレスの記録を伸ばそうと毎日ベンチプレスをやっていましたが、毎日筋トレしているので体が重たく感じ、加えて記録もそこまで伸びず「追い込んでいるのになぜなんだ?」と頭を抱えることがありました。

毎日長時間筋トレすると、気持ちの面でも、体の面でもとても疲弊してしまいます。

オーバーワークすると、何事もよくありませんよね?気持ちの面でも、体の面でも、負荷をかけすぎると壊れてしまいます。

筋トレを継続して習慣にするためにも、毎日長時間の筋トレはしないようにしましょう。

その3:ネガティブ思考

筋トレの継続を阻む悪習慣その3は、ネガティブ思考です。

僕が筋トレ初心者だった頃、一番継続を阻まれそうになったのがこのネガティブ思考でした。

「週3日、1か月継続できたけど、目に見える結果はでなかった、筋トレが向いていないのかもしれない。」

「ベンチプレスの記録が1か月変わらない、僕には無理なのかもしれない。」

筋トレを続ける中で、僕は度々このようにネガティブに考えることがありました。

でも、筋トレはそう簡単に結果がでるものではありません。
頭では分かっているのですが、やはりお金も時間も使ってジムへ行っているのに結果がでないと不安になりますし、このまま継続していいのかと思いますよね?

安心してください、筋トレは継続さえできれば必ず結果がでます。

僕も筋トレを始めて3か月が経ち、ようやく自分の身体が目に見えて変化しましたし、体重や体脂肪率などの数値も大きく変化しました。

1度成長を実感できれば、筋トレにハマります。そうすれば継続するのが当たり前の状態を作ることが出来ます。

あなたもネガティブになることがあるかもしれませんが、僕がそうであったように、まずは3か月は結果を考えずに、目の前の筋トレを楽しむことを考えて継続していきましょう。

筋トレを継続した先には素晴らしい世界が広がっている

筋トレを継続した先には素晴らしい世界が広がっている

最後に、僕がこれまで筋トレを継続することで得てきたものをお伝えします。

日々の活力、筋トレ後の爽快感、かっこいい筋肉、自信、筋トレ仲間、生きがい、健康に関する知識、食事習慣の改善、良質な睡眠

思いついただけでも筋トレで得られるものはこれだけあります。

筋トレ素晴らしくないですか?

しかし、僕が筋トレで得たものの中で最も素晴らしいと思うものは

自己肯定感です。

僕自身、筋トレを始めるまでは、仕事や人間関係で多くの悩みを抱えていました。

「怖い上司に面と向かって意見が言えない」、「周りの目が気になる」などなど‥

しかし、筋トレを始めてしばらく経ち、自己肯定感が高まると

「どんな上司でもハッキリと自分の意見を言える」、「周りの目なんて気にせず自分のことに集中できる」

という状態に自然となりました。

つまり筋トレをすることで、仕事や人間関係に劇的な変化を起こすことができたわけです。

筋トレを継続することで素晴らしい世界が広がっていることがお分かりいただけたでしょうか?

あなたもそろそろ筋トレを継続したくなってきたのではないでしょうか?

ぜひ、筋トレを継続して、筋トレからたくさんの価値あるものを得て
あなたの人生にポジティブな変化を起こしていきましょう。

それでは、また(^^)/

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-筋トレ

© 2021 yukiblog