ブログ

Googleアドセンス審査に落ちた時の対処法14選【2020年版】

2020年10月20日

Googleアドセンス審査に落ちた時の対処法14選【2020年版】
ぎもんくん
Googleアドセンスに申請しても落ち続けてて、心が折れそう‥。何とか合格したいんだけど、実際に落ちる原因とか対処法があれば教えてほしいな!

 

 

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • Googleアドセンスに落ちた【2020年の口コミ】
  • Googleアドセンスに落ちた後の対処法

 

こんにちは、ゆうき(@yukiblogmesi)です。

 

今回は、Googleアドセンスに落ち続けている方向けに、Googleアドセンスに再申請して合格するために僕が実際に取り組んできたことを紹介します。

 

今、あなたはGoogleアドセンスの審査に落ちてショックかもしれません。でも僕含めて、多くのブロガーも落ちた経験をしています。

 

ただ、適切に対処できればGoogleアドセンスに合格することは可能。

 

この記事を読んで、ぜひあなたもGoogleアドセンスに合格するためのきっかけを掴んでもらえればと思います。

 

本記事の信頼性

僕自身、Googleアドセンスに何度か落ちた後、無事合格することができました。今では収益化することにも成功しています。

 

補足ポイント

他サイトでは、対処法について抽象的な表現が多く見られますが、当サイトでは僕が合格するためにやった具体的なこと、事実のみをありのままにお伝えしています。

 

というわけで、早速いきましょう!
ゆうき

 

Googleアドセンス審査に落ちた!【2020年の口コミ】

 

最初にGoogleアドセンスに落ちた人たちの口コミを紹介します。

 

口コミを見ることで、「自分だけじゃないんだな!」と勇気づけられると思うからです。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

どうでしょうか?

 

調べてみるとわずか1週間の間に、Twitter上で「アドセンスに落ちた」とツイートしている人が10人程いました。

 

Googleアドセンスに合格できずに悩んでいる人は多いことが分かりますね‥。

 

もう少し深堀すると、Googleアドセンスに合格できず悩んでしまうのは、合格に必要な基準が明確じゃないことが上げられます。

 

例えばあなたが不合格になった時、Googleから具体的に「ここを直してください」とは指摘されないですよね?

 

よって、不合格になっても「どこを直したらいいか分からん!」となり、悩んでしまうわけです。

 

ぎもんくん
それじゃあ、合格するためにはどうしたらいいの?
一番大切なのは合格した人の経験を聞くこと。特に1回落ちた後に合格した人の体験談は、あなたのブログの修正箇所が見つかるかもしれないので大変貴重です。
ゆうき

 

というわけで、1回落ちた経験のある僕の体験談をぜひ、参考にしてみてください。

 

Googleアドセンス審査に落ちた後の対処法14選

 

ここからは、僕がGoogleアドセンスに落ちてから合格するまでに取り組んだこと、合格した経験から大切だと感じることだけを厳選して14個紹介します。

 

結論から言うと下記のとおり。

対処法15個

  1. 記事数を増やす
  2. 記事の質を高くする
  3. オリジナリティを付加する
  4. YMYL領域に触れている文言の削除
  5. 画像サイズを圧縮
  6. AmazonやASPなどのアフィリエイトリンクは外さなくてOK
  7. お問い合わせフォームを作る
  8. サイトマップを設置する
  9. プライバシーポリシーはなくてもOK
  10. プロフィールはなくてもOK
  11. Twitterと連携する
  12. テーマを変更する
  13. Googleの禁止コンテンツに該当していないか確認する
  14. 落ちたら即再申請する

順番に解説していきます。

 

注意ポイント

紹介する14項目はあくまで僕が、Googleアドセンスに落ちてから合格するまでに取り組んだことです。この項目を全て実施すればアドセンスに合格できると保証するようなものではないことを、あらかじめご了承ください。

 

記事数を増やす

 

僕がGoogleアドセンスに初申請を出した時、すでに30記事ほどブログを書いていました。

 

そこから1週間ほどして不合格通知がきたので、さらに10記事を追加。

 

最終的には40記事ちょっと書いた時にアドセンスの合格通知がきました。

 

記事の質を高くする

 

アドセンスに落ちてから追加した記事には「書きたいこと」ではなく、「読者が求めているもの」をかくように意識しました。

 

Googleも読者の検索意図(検索するKWで読者が何を求めているか?)を満たすコンテンツを評価します。

 

よって、Googleアドセンスに落ちてからは、読者の問題や悩みを解決できるような記事を書くことに努めました。

 

参考

アドセンスに落ちてから追加した10記事は同ジャンルで、1記事あたりの平均文字数が3000文字以上のボリュームで書きました。

 

オリジナリティを付加する

 

アドセンス審査に落ちてから追加で書いた記事は、読者の問題を解決するだけでなく、「自分の経験や体験」を盛り込むことも意識しました。

 

Googleは他サイトと同じようなことが書かれているブログは評価しない傾向があるため、「自分だけの経験や体験」を記事に盛り込むことは大切。

 

読者の問題や悩みを解決するための情報は調べて書きつつ、役に立つような自分の経験を付加するようにしました。

 

 

YMYL領域に触れている文言の削除

 

YMYL領域とは具体的には下記のこと。

YMYL(Your Money or Your Life)とは、Googleの検索品質評価ガイドライン内で「将来の幸福、健康、経済的安定、人々の安全に潜在的に影響を与えるページ」を指す用語です。 これらの情報は人々の人生で大きな決断や重要な側面に関わるため、他カテゴリのページよりも高い品質が求められています。

引用元:ナイルのSEO相談室(www.seohacks.net)

 

Googleは公式に「YMYLの分野においてE-A-Tが低いものは評価しない」と明言しています。

 

つまり、「専門性の低い人がYMYL領域のことを書いていても一切評価しません」と言っているわけですね。

 

僕も、筋トレ系のジャンルで記事を書いていたので、「健康」という言葉を多く使っていました。

 

ただ筋トレの専門家や医療従事者でもない僕が「健康」という言葉を使うと評価されないかもしれない‥

 

このように考えたので「健康」という言葉を削除しました。

 

画像サイズを圧縮

 

ページの読み込み速度の改善は、Googleの評価を高めるためにも大切。

 

画像サイズを圧縮することでページ速度を改善できると聞き、「EWWW Image Optimizer」というプラグインを導入しました。

 

僕の場合だと、1枚の画像で最大でも約200KB以下に抑えることができました。

 

なお、参考までにページ速度については下記記事にて詳しくまとめたので興味のある方はどうぞ。

 

PageSpeedInsightsでモバイル速度が遅い!【改善策は4つ】
PageSpeedInsightsでモバイル速度が遅い!【改善策は4つ】

続きを見る

 

AmazonやASPなどのアフィリエイトリンクは外さなくてOK

 

一般的にアドセンスに合格するまでは、「アフィリエイトリンクは外した方が良い」と言われているみたいです。

 

しかし、僕はリンクを設置したままでアドセンスに合格できました。

 

筋トレで使う器具やプロテインのAmazonリンクを設置していましたが、特にアドセンス審査に影響はありませんでした。

 

お問い合わせフォームを作る

 

お問い合わせフォームはプラグインの「Contact Form7」で作りました。

 

1分もあれば作れるので、まだの方はサクッと導入しましょう。

 

サイトマップを設置する

 

サイトマップを自動で作ってくれるプラグイン「Google XML Sitemaps」を入れました。

 

多くのサイトでも推奨されているプラグインなので、ブログ初心者の方も初期から導入しておいた方が良いです。

 

サイトマップを設置することで、Googleのロボットがあなたのブログの構造を理解し評価しやすくなるから。

 

こちらも1分もあればできるのでやっておきましょう。

 

プライバシーポリシーはなくてもOK

 

他サイトでは「プライバシーポリシーは重要」と言われているみたいです。

 

しかし、僕はプライバシーポリシーを設置しなくてもGoogleアドセンスに合格できました。

 

プライバシーポリシーはなくても審査には影響しないと言えそうです。

 

プロフィールはなくてもOK

 

ブログの運営者が分かるように「プロフィールを作るのが大切」と言われることも多いです。

 

しかし、僕の場合プロフィール記事を作らなくてもGoogleアドセンスに合格することができました。

 

プロフィール記事はアドセンス審査に影響しないと言えそうです。

 

Twitterと連携する

 

Googleアドセンスに落ちてから、Twitterとブログを紐づけました。

 

こちらは他サイトで「SNS連携しておいた方がいい」という文言があったので試しにやってみることにしました。

 

ちなみに現在、ブログ運営においてはSEOだけでなく、SNSからの流入も大きなアクセス源になると言われています。

 

特にブログ初心者の場合は、SEOで検索上位を狙うのが困難なことが多いため、SNSと連携することでアクセスアップが見込めます。

 

アドセンス審査の影響有無にかかわらず、SNSとの連携は早めにしておきましょう。

 

テーマを変更する

 

正直、アドセンス審査において最も大きな効果があったんじゃないかと個人的に考えているのがテーマ変更です。

 

なぜなら無料テーマから有料テーマ(AFFINGER5)に変えてから3日後にアドセンス合格通知がきたからです。

 

証拠ツイートを下記にのせておきますね。

 

上記は有料テーマに変更した時のツイート(2020年6月20日)です。

 

そして下記がGoogleアドセンスに合格した時のツイート(2020年6月23日)

 

6月20日に有料テーマへ変更し、6月23日にGoogleアドセンスに合格。

 

偶然にしてはあまりにもタイミングが良すぎる気が‥(笑)

 

というわけで、テーマを変更するだけでSEOの面でもブログが強化されますし、Googleからの評価も上がります。

 

特に、僕が導入したAFFINGER5は多くの稼いでいるブロガーも使用している有名なWordPressテーマ。

 

興味のある方は下記の記事をぜひ参考にしてみてください。

 

アフィンガー5はブログ初心者におすすめです【理由は3つ】
AFFINGER5(アフィンガー)はブログ初心者におすすめです【理由は3つ】

続きを見る

 

Googleの禁止コンテンツに該当していないか確認する

 

Googleが公式にアナウンスしている禁止コンテンツを扱っていないかの確認もしました。

 

Googleが禁止しているコンテンツは下記のとおり(一部抜粋)

違法なコンテンツ

知的財産権の侵害

絶滅危惧種

危険または中傷的なコンテンツ

不正行為を助長する商品やサービス

露骨な性的描写を含むコンテンツ

国際結婚の斡旋

出典:Googleサイト運営者/パブリッシャー向けポリシー

 

よほど過激な内容でない限り、多くの方は当てはまらないとは思いますが、念のためにも一度確認してみましょう。

 

落ちたら即再申請する

 

僕は、Gooleアドセンスの不合格メールがきたら即再申請をかけました。

 

理由は、当時コロナウイルスの流行もあり、アドセンス審査に遅れが生じていると言われていたから。

 

なるべく速く審査の順番が回ってくるようにと考え即再申請しました。

 

結果的に3回目で合格することができました。初申請から約3週間ちょっと経過した頃だったと記憶しています。

 

まとめ:Googleアドセンス審査に落ちてもめげずにチャレンジしよう

 

以上、アドセンス合格するための具体的な対処法を紹介しました。

 

アドセンス審査は明確な合格基準が存在しないため、人の経験に頼るしかないですよね。

 

今回紹介した対処法14個は、いずれも僕が全て自分でやったことであり、どれが合格の必須項目かは分かりません。

 

ですが、いずれもブログの質を高めていく上では重要な項目です。

 

アドセンス審査の合格も目指しつつ、合わせてぜひ上記項目も実施してみてください。

 

今回はこの辺りにしようとおもいます。

 

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-ブログ

© 2021 yukiblog