ブログ

【ブログ初心者】最初の記事を書く前後でやるべきこと

2020年11月13日

【ブログ初心者】最初の記事を書く前後でやるべきこと
なやみちゃん
ブログ始めたばかりで、最初の記事で何を書けばいいのか分からないわ‥。具体的に何をすればいいのか教えてほしい!

 

 

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • 最初の記事を書く前にやるべきこと
  • 最初の記事~10記事までにやるべきこと

 

こんにちは、ゆうきです。

 

今回はブログ始めたての人が、ブログを書く前後でこれはやるべきだなということを解説します。

 

これまでブログをやったことがない人からすれば、最初の記事ってほんとうに「未知」ですよね。

 

僕も、初めての記事を書くときは「一体何からどういう風にどれだけ書けばいいんだろう‥」と途方に暮れたのを覚えています。

 

結局、書けはしたものの方向性を間違えていたり、基本的なブログ知識が不足していたせいで多くの失敗や遠回りをしました。

 

なので今回、そんな僕の経験や反省をふまえて、ブログ初心者が最初の記事を書く前後でやるべきことを具体的にまとめようと思います。

 

「最初ってどういう風に記事を書けばいいんだろう?」

「記事を書く前に何か勉強した方がいいのかな?」

 

本記事を読めば、上記のような悩みを解消することができると思います。

 

本記事の信頼性

僕はブログ運営歴が半年、通算80記事以上を投稿してブログを収益化することができました。詳しい実績については他記事にまとめているので参考にしてみてください。

 

それでは、いきましょう!
ゆうき

 

【ブログ初心者】最初の記事を書きだす前にやるべきこと

 

ブログを全く書いたことがない初心者は、いきなり記事を書き始めるのはNGです。

 

ブログを書く目的や、最低限の書き方を知っておかないと、全く読まれない記事ばかりになってしまうからです。

 

どうせブログを書くなら誰かに読んでもらって、役に立つ記事を書いていきたいですよね?

 

というわけで、ブログ初心者がブログで最初の記事を書く前にやるべきことは下記のとおり。

最初の記事を書く前にやるべきこと

  1. ジャンルの選定(必須)
  2. 最低限のインプット(必須)
  3. パーマリンクの設定(必須)
  4. テーマ導入の検討(任意)

どれも大切なことなので、まだやっていない項目があればブログを書き始める前にチェックしましょう。

 

ジャンルの選定

 

まずは、あなたが書きたいジャンルをある程度絞っておきましょう。

 

ジャンルを絞る理由は、あなたの記事に興味のある読者を引き付けることができるから。

 

読者がつけばブログを定期的に読まれたり、ジャンルに関連のある広告から収益が発生するかもしれません。

 

もちろん、ブログの収益化に興味がないのであれば、ジャンルなんて絞らずに自分の書きたいことを書けばOK。

 

ただある程度収益化したいのであれば、ジャンルを絞って書くことでジャンルに興味をもった読者が集まるブログを作りやすくなりますよ。

 

なやみちゃん
具体的にジャンルはどれくらいに絞ればいいのかしら?
最初のうちは2~3つ程度がおすすめです。アクセスを集めるにはある程度記事の量も必要なので、あなたが無理なく書けそうなジャンルを選ぶことも大切です。
ゆうき

 

ちなみに僕は最初「筋トレ」と「恋愛」に絞って記事を40記事程度書きましたよ。

 

なお、避けるべきジャンルも存在しており一言で言うと「YMYL領域」に関することです。

 

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略語で、意味としては「人々の幸福、健康、経済的安定、安全に影響を与える可能性があるコンテンツ」のこと。

 

なお、Google検索品質ガイドラインに記載がありますが、全て英語で日本語訳ページは公式にはありません。

 

下記はYMYLについて書かれたページを引用しました。参考までにどうぞ。

 

Some types of pages or topics could potentially impact a person’s future happiness, health, financial stability, or safety.
We call such pages “Your Money or Your Life” pages, or YMYL

出典:Google検索品質ガイドライン

 

詳細はここでは省略しますが、具体的には医療や金融、法律に関することはかなり厳しくチェックされると言われていますね。

 

あなたも医者や弁護士などの専門家でない限り、そういったジャンルは選ばないようにしていきましょう。

 

話が少しそれましたが、読まれるブログを作りたいならまずはジャンルを絞ってみることをおすすめします。

 

最低限のインプット

 

ブログを書く前に最低限の知識はインプットしておきましょう。

 

知識をインプットしておくことで、大きな失敗を避けることができるからです。

 

例えば「タイトルやH2タグにキーワードを入れる」や「PV×CTR×CVR」が何かと聞かれて、パッと説明できますか?

 

あくまで例えですが、こういったブログ収入の仕組みやSEOと言われる知識を知っておかないと、あとから「最初に教えてくれよ~」となると思います。

 

そうです。僕のことですね(笑)

 

最低限ブログに必要な知識の身につけ方ですが、結論読書しましょう。とりあえず下記の本を一通り読めばOK。

 

ブログ飯

 

沈黙のWebライティング

 

上記2つは、僕も継続的に読み返している本です。

 

ブログを本気で運営したいなら読んでおいて損はありません。

 

1回飲み会を断れば買えるくらいですので、ぜひどうぞ。

 

パーマリンクの設定

 

パーマリンクの設定は最初に統一しておきましょう。

 

ここを何となくで決めると後から後悔する可能性が高いので、最初から理解してきちんと決めておきましょう。

 

パーマリンクの決め方については下記の記事で解説しているので、まだの方や理解が不足しているなと思う方はぜひ読んでみてください。

 

>>パーマリンクの決め方を徹底解説【5枚の画像付き】

 

テーマ導入の検討

 

テーマというのはWordPressテーマのことです。

 

こちらは絶対ではありませんが、できるなら有料のWordPressテーマを最初から導入するのがベター。

 

収益化できているブログ、中でも有名なブロガーは僕が見聞きした中では全員が有料テーマを使用しています。

 

またテーマを途中で変更すると、デザイン修正やプラグインの見直しなどでかなり労力と時間を費やします。

 

あなたもブログを書きたいのに、デザイン修正に多くの時間を取られるのは嫌ですよね?

 

ちなみに僕は途中で無料→有料のWordPressテーマに変更したので大変な思いをしました(笑)デザインの修正に丸2日程度かかりましたよ。

 

なお、当ブログでも使用しているAFFINGER5(アフィンガー5)は「稼ぐに特化したWordPressテーマ」として多くのブロガーに使用されているテーマです。

 

僕も使用中ですが、デザインがシンプルで機能性も高く満足しています。

 

興味がある方は、下記にAFFINGER5(アフィンガー5)に関することをまとめていますのでぜひどうぞ。

 

>>AFFINGER5

 

最初の記事から10記事までにやるべきこと

最初の記事から10記事までにやるべきこと

 

これまで紹介してきた書く前の準備ができたら、いよいよ最初の記事を書いていきましょう。

 

とりあえず最初の目標は10記事を書くでOKです。

 

10記事書くまでにぜひ意識してほしいことは3つで下記のとおり。

10記事までに意識すべきこと

  1. KW選定をする
  2. 書きたいことを書かない
  3. PREP法で書く

 

僕はブログ始めたころに上記のことができておらず、結果的に誰にも読まれない記事を量産してしまいました。

 

あなたはぜひ上記3つをおさえて、ブログを書き始めてみてください。

 

KW選定をする

 

KW(キーワード)選定をせずにブログを書くことはご法度です。

 

なぜなら、ブログを書いてもKWを決めていないと良い記事を書けたかどうか判断できないから。

 

あなたが狙ったKWで記事を書く→KWの検索順位がどれくらいか測定する→結果を受けてどうすれば順位をあげていくことができるかを考えて修正する

 

かなりざっくりですが、ブログでやることは上記がほぼ全て。なのでKWが決まっていないとそもそも検索エンジンの評価が分からないのでダメですね。

 

なお、KW選定の詳しい解説は、キーワード選定の方法と手順を解説【初心者必見】にまとめました。

 

書きたいことを書かない

 

ブログは書きたいことを書いてはダメです。

 

あなたのブログを読んでくれる読者は、あなたではなく、あなたの扱っているトピックに興味があるからです。

 

なのであくまで書くべきは、読者が求めているものですね。一般的には読者のニーズと呼ばれるものです。

 

例えば読者が「ブログ KW選定」で検索するとします。その時の読者ニーズは下記のとおり。

読者のニーズ

顕在ニーズ:ブログでKW選定の方法が知りたい!

潜在ニーズ:検索順位で上位を獲得したい!

 

よって、上記のニーズを満たすような記事を書ければOKですね(ニーズはあくまで僕自身の考えで正解ではないです)

 

このあたりについても、先ほどのKW選定の記事にまとめていますので参考にしてみてください。

 

PREP法で書く

 

PREP法というのは、P(結論)→R(理由)→E(具体例)→P(再度主張)という流れで文章を作ること。

 

文章を構成する型の1つですね。

 

PREP法を使うと、相手に何が言いたいかが伝わりやすくなります。

 

ブログの目的の多くは「読者の問題解決」なので、論理的に分かりやすい文章が好まれます。

 

PREP法はとても論理展開が分かりやすい文章法なので、ブログにぴったりと言えますね。

 

ブログをやっていく上でもっとも基本的な型と言えるので、ぜひ書きながら覚えていきましょう。

 

僕も記事内でよく使っている手法なので、ぜひ気にして読んでみてくださいね(^^)

 

プラスアルファ:Googleアドセンス申請とASP登録をしておこう

 

最後にプラスアルファですが、ブログを10記事程度書いたら「Googleアドセンスの申請」と「ASP登録」をやっておきましょう。

 

2つともブログの収益化に欠かせないものですし、Googleアドセンスは10記事程度コンテンツがあれば合格しやすいと言われているからです。

 

僕は30~40記事程度書いてGoogleアドセンスに合格しましたが、Twitterなどを見ていると10記事前後で合格した人も多いため、コンテンツの質が高ければ合格できるかもしれません。

 

なお、Googleアドセンスの合格までに僕が具体的にやったことはGoogleアドセンス審査に落ちた時の対処法14選【2020年版】にまとめました。どちらかと言うと1回審査に落ちた人向けの内容なので、もし落ちたら読んでみてもいいかもです。

 

また、ASPは無料で登録できるのでサクッと登録しておくといいです。

 

ブログ初心者向けのおすすめASPは下記の記事で解説しているので参考にしてみてください。

 

>>【2020年版】ブログ初心者におすすめのASPは3つだけ

 

まとめ:最初の記事から完璧を目指さなくてOKです

 

最後に言っておきたいことは、「最初から完璧なんて目指さなくていい」ということです。

 

完璧を目指すと、知らないことやできないことが多く、結局ブログを書くのが辛くなって継続が難しくなってしまいます。

 

継続できなくなると、当然結果は出ないので一番避けたいことです。

 

それに、最初から完璧にブログを書ける人なんて存在しません。有名ブロガーも最初はゴミみたいな記事を量産していたはずです(マナブさんは証言もしています)

 

というわけで、最初の記事は今回紹介した最低限のことだけおさえたら、気楽に書いてみてください。

 

書き続けるうちに、コツが掴めてブログ書くのが楽しくなってくると思います(^^)

 

それでは早速、最初の記事を書いていきましょう!

 

今回はこのあたりにしようとおもいます。

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-ブログ

© 2021 yukiblog